記事一覧

春なので : 社員H

ファイル 108-1.jpgファイル 108-2.jpgファイル 108-3.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 会社があるさいたま市岩槻区では,桜 (ソメイヨシノ) の開花は先週の中頃で,昨日今日あたりが満開でしょうか.
 例年のとおり、昼休みに社内で (隣地の桜を) 撮影しましたw
 1枚目はタンポポですが・・・.
 1枚目と2枚目は,他に一眼レフを持ってきていなかったので,久しぶりにα100 (2006年7月発売) での撮影です.
 3枚目はコンパクトデジカメです.

3月14日 パンスターズ彗星:社員H

ファイル 107-1.jpgファイル 107-2.jpgファイル 107-3.jpgファイル 107-4.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 前回 (3月11日) に続いて2回目です. 
 東秩父に行きました.
 前回は,寒気団が来てから1日経っていましたが,今回は直前まで曇っていて,寒気団が来てその雲を払いのけたタイミングですので,空の条件は良かったです.

 小口径望遠鏡で見れば,きれいではありました. 核の付近が明るくて,彗星に良くある 「ふわっとした」 感がありません.
 で,すでに小さくなり始めています,予定どおりなのですが.
 大彗星 (尾が長く延びる彗星) にはなりませんでした ・・・ .

 今回の写真は,APS-Cのデジ一に,400mmレンズを付けての撮影です.
 トリミングなし,リサイズのみのJPEG撮って出しです.
 共通データ : F値5.6, ISO400.

1. 背景が空色に彗星が写っている
 H25y 03m 14d 18h 35m JST 2秒露光・恒星時追尾

2. 地表が近く霞の中に彗星が写っている
 H25y 03m 14d 18h 49m JST 10秒露光・恒星時追尾

3. 彗星が沈んだ後に月の地球照を撮影
 H25y 03m 14d 19h 03m JST 4秒露光・恒星時追尾

4. ついでにM42 (オリオン大星雲) 付近をお気楽で撮影
 H25y 03m 14d 19h 54m JST 30秒露光・恒星時追尾
 (これのみISO800で撮影)
 東秩父は空が完璧ではありませんが,30秒でこのくらいは写ります.
 (ただし,天体写真で 「作品」 と呼ばれる写真は,空が最高な状態の所で,総露出時間が数時間とかの撮影の場合が多いです)

3月11日 パンスターズ彗星:社員H

ファイル 106-1.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 3月11日に,東秩父まで,パンスターズ彗星を見に行きました.
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2013/panstarrs.html
 この季節は例年であれば,春霞で視界が悪いのですが,この日は寒気団が南下したとのことで見ることが出来ました.
 写真は,100mmの望遠レンズをAPS-Cのデジカメに付けて4秒露光で撮影したものを,200mm程度の画角 (一辺半分,面積で4分の1) 程度にトリミングしたものです.

 そこでお会いした方の話では,3月9日から彗星が見え始め,3月10日の方が,気象的な条件は良かったとのこと.
 3月10日 (日曜日) は,強風が吹き・煙霧がひどかった日です.ところが夕方の山の上では,写真の状況よりさらに霞が少なかったのだそうです.

 条件が良くても,さすがに私は,連日は見に行けませんが ・・・ .
 今後,春の陽気になれば見えにくい日が続き,月も西の空に見えるようになります. こんなに良いチャンスは当面巡ってこないかもしれません.

木星:社員H

ファイル 105-1.jpgファイル 105-2.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 今回は,夜中に天頂付近で明るく輝く木星を,できるだけお気楽に撮影してみました.
 機材はソニー社製デジタル一眼カメラ α57 です.
 最近のデジカメは一眼レフの形をしたカメラまで 「デジタルズーム」 を標準装備している (少なくともソニーは) ので、それで遊んでみました.

1枚目 : 300mm までのズームレンズ使用
 デジタルズーム最大 (35mm判フルサイズ相当にすると焦点距離1800mm程度の画角) で,いわゆる 「JPEG撮って出し」 の写真です. サイズの縮小もおこなっていません.
 中心が木星で,左上に衛星の イオ と エウロパ があります (その先にある星は牡牛座の中にある恒星です). 右下には ガニメデ ・ カリスト が並んでいます.
 さすがにズームレンズの望遠端の像は甘く,それを拡大しているのですから,ちょっとボテッとしています. それでも,一般的なズームレンズを使用し三脚に載せて撮影するだけでこんなのが撮影出来てしまうのですから,天体写真撮影も一般人の手に届くようになってきました.

2枚目 : 400mm 望遠レンズに1.4倍テレコンを付けて撮影
 400mmレンズに1.4倍テレコンで 560mm,APS-C なのでフルサイズ 840mm 相当,4倍デジタルズーム使用で 3360mm相当,これで撮影した 4912*3264 の画像から 1000*1000 で切り出しました.
 シャッタースピード 1/160秒 なのですが,大気の揺らぎ?なのか,だいぶ荒れた絵になっています. 木星の縞模様も写っていると思うのですが,ちょっとはっきりしません.
 条件の良い夜なら,もう少し良い感じに写ると思いますし,これなら一般機材で土星の輪も確認できるかもしれません.

2012年双子座流星群:社員H

ファイル 104-1.jpgファイル 104-2.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 12月13日の夜から14日朝にかけて,双子座流星群の出現が報じられており,予定どおり出現したようです.
 2009年と同様に,会社の駐車場 (一応,さいたま市内) での撮影となりました.
 比較的大きいのでこのくらいのが写りました.
 もう少し大きな流星が写っている写真もあるのですが,一部が枠外に出ちゃっていたりします (3枚ありますw).
 今回はマスコミが宣伝したせいか,他の社員も見たという人が多かったです.
 見るタイミングにもよるようですが,一般の人にもそこそこ楽しめるイベントだったようです.

 天文で言えば,来年は パンスターズ彗星と,アイソン彗星という,明るい彗星が見えるかもしれないと言われています.
 これらの彗星,どのくらいの尾の長さになるか不明なんです.
 一般の皆さんも楽しめるくらいに大きな彗星になると良いですね.

さば雲ですかね:社員H

ファイル 103-1.jpgファイル 103-2.jpg

 撮影は土曜日 (13日) です.
 休日出勤で仕事中に外に出ると,写真のような雲が,南西から北東方向にだんだんと広がっていくのです.
 ついには全天を覆いました.
 巻積雲の一種,「さば雲」 で良いと思うのですが,展開が早くてそんなに高層の雲な印象がありませんでした.
 1枚目は南東方向 (発生側).
 2枚目はその反対方向で,下の建物は社屋 (工務部) です.

水をまいた話:社員H

ファイル 102-1.jpgファイル 102-2.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 まだ暑い日が続きますね.
 で,先日,水をまいたんですよ,焼け石に水かもしれなかったですが.
 2階のベランダから,屋上に ・・・ (写真1).
 しばらくまいていたら,なんとツバメが水にまとわりついてくるんです ・・・ (写真2).
 水とツバメを同時に撮影できなかったのは残念ですが (orz ・・・ かつ,コンパクトデジカメしか持ち合わせていなかった).

ニホントカゲ:社員H

ファイル 101-1.jpgファイル 101-2.jpgファイル 101-3.jpgファイル 101-4.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 ニホントカゲ↓の幼体が来社されました (田舎ならではw).
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B2

1. 玄関の角にて、しっぽの色が良く出ている写真
2. よかれと思って、きりふきで水をかけました
3. さらに接近! ・・・ 水滴、無い方が写真的には良かったかも
4. 最後に全身を撮りました ・ 体長 10cm 程度でしょうか

ため池にて:社員H

ファイル 100-1.jpgファイル 100-2.jpgファイル 100-3.jpgファイル 100-4.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 ため池の堤体部調査をおこなうことになり,先日下見に行きました.

1枚目 : 自然豊かで良いところです
2枚目 : 大きな鯉も泳いでいました
3枚目 : 謎の、黄色い球形物を発見
4枚目 : とりあえず拡大して撮影しようとしましたがイマイチでorz

 3枚目・4枚目に写っている物は何か?
 同行者は 「悪魔の実」 とか言ってましたがw
 帰ってきてから調べたら,どうも 「オオマリコケムシ」 らしい.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%82%B1%E3%83%A0%E3%82%B7
 外来種なんですね.
 そういえば,鯉の写真に写っている小魚はブラックバスのようです.
 そういうのを入れたときに,一緒に入っちゃったのかもしれませんね.

虫に注意:社員H

ファイル 98-1.jpgファイル 98-2.jpgファイル 98-3.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.
 (虫がだめな人は,写真拡大しないでください)

 今回は会社ではなく社員Hの自宅なのですが,蜂が巣を作り始めていたのを早朝発見しました。
 いずれ駆除することになるのかもしれませんが,とりあえず撮影w
 気温が低いせいかわかりませんが,おとなしい感じです.


 翌23日に駆除しました.
 巣の中の状況の写真を追加します.