記事一覧

金星の日面通過:社員H

ファイル 97-1.jpgファイル 97-2.jpgファイル 97-3.jpgファイル 97-4.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 昨日(平成24年6月6日)は,金星の日面通過がありました.
 休みをとり,その道の知人と連れだって愛知県まで行きました.
 第1・第2接触 (金星と太陽が重なる最初の頃) は雲があって見ることができませんでしたが,9時頃から晴れ,そこから最後 (13時48分頃) まではばっちり見ることができました.

 1枚目 : 11時34分JST
 知人のHα望遠鏡に,コンパクトデジカメを押しつけて撮影

 2枚目 : 12時03分JST (お昼時)
 知人のとても良い観望用望遠鏡に,コンパクトデジカメを押しつけて撮影

 3枚目 : 10時07分JST (上2枚より時間的には戻る)
 私の望遠鏡(おんぼろ)で撮影

 4枚目 : 13時28分JST 第三接触直前・現象の最後の方
 私の望遠鏡(おんぼろ)で撮影 風が強くなったため,少しぶれています

 行った甲斐はありました.
 現象は楽しめましたが,その時間 (金星が太陽の前に見える時間) が長いので,日焼けしてしまいましたw

埼玉県 環境整備センターにて 雹:社員H

ファイル 96-1.jpgファイル 96-2.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 本日は,環境整備センターのご厚意で,作業場内の見学・観察をさせていただきました.
 とても有意義でして,その状況もいずれ書き込むことができればと思います.

 が,その前に.
 写真のとおり,雹がすごかったです.
 1枚目の,右手前紺色の軽自動車内にいたのですが,頭上に当たる音が尋常でなかったです.
 しばらく 「雨宿り」 ならぬ 「雹やどり」 の後に,見学・観察となりました.

地盤調査の製本例 : プラ製4穴ファイル

ファイル 99-1.jpgファイル 99-2.jpgファイル 99-3.jpgファイル 99-4.jpgファイル 99-5.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへはブラウザーの 「戻る」 ボタンか,写真の下にある 「前のページへ戻る」 をクリックして戻ってください.

 役所関係で製本方法の指定が無い場合や,ボーリング調査の報告書で当社が多く使用するファイルです.
 特注品で,昭和の頃よりこのパターンを使用しています (時代により色の違い有り).
 4枚目 : 背表紙の紙を入れる前の状態です.
 5枚目 : 2穴の留め具を上下に配置することで,4穴としています.

 利点 : 構造が簡単な割に見栄えがします.
 欠点 : 頁数が少ない場合は遊びが大きくなってしまいます. 厚い場合も制限があります.

 もちろんご指示いただければ黒表紙金文字でお作りしますし,下記の試験所で使用している物の他,市販の製本用品を使用させていただく場合もあります.

 試験所では 「レールクリアホルダー」 とか 「スライドバーファイル」 と呼ばれるものを使いますので,写真のものは報告に使用しません.

雪が降ってます:社員H

ファイル 94-1.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへは 「戻る」 ボタンで戻ってください.

 午後の仕事開始前に1枚 (社内です).

昨夜から未明にかけての雪で:社員H

ファイル 93-1.jpgファイル 93-2.jpgファイル 93-3.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへは 「戻る」 ボタンで戻ってください.

 昨晩は遅くまでの残業を予定していましたが,PM8時過ぎで早くも積もりだしたため,急所帰宅.
 朝には見事な銀世界 → 写真.

1.ワイパーを上にあがった状態で止めておくと,こうなるんですねw

2.付近の道路はかなりの渋滞.

3.会社に到着しての1枚.なんか美しい.

 昨日は自動車通勤でしたが,今日は自転車通勤にしました.
 その方が時間が読めるので.
 ただ,自転車はお湯で解凍する必要がありましたw

忘年会~今年を振り返り:社員H

ファイル 92-1.jpg

 年末は、お食事会で締めるのが当社の通例です。
 (昨年もそうだったのですが、写真は馴染みの豚カツ屋さんにて)
 若干名が出席できませんでしたが、ほぼ全員です。

 さて、今年ですが、どうしても震災の話になります。
 当社は福島に支店を出していたこともあり、被災地関係者も多いです。
 「役場から河川修繕をしてという依頼を受け、燃料もないので手作業でやっているが、飲むものも食べるものもない」という連絡が入り、食料・物資を届けたり、数日ですが人手を派遣したりすなどしました(知り合いのいる若干数の企業を支援するという形)。
 また、それぞれ義捐金を集めたり出すなどしました。

 復興や支援はまだまだこれからですが、来年は良い方向へ向かって欲しいと願いつつ、とりあえず区切りとなりました。

10月りゅう座流星群(旧ジャコビニ群):社員H

ファイル 91-1.jpgファイル 91-2.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへは 「戻る」 ボタンで戻ってください.

 久々に星を見に出かけました.
 目当ては、10月りゅう座流星群(旧ジャコビニ群)です.
 残念ながら日本ではほとんど見られなかったようですが,なんとかかんとか1枚だけ写ったようです.
 放射点 (流星が出現する方向) が地平線に近いので,流星は,写真の左下から上方向に流れたはずです.
 2枚目の写真は,1枚目に撮影位置の説明を加えた物です. 説明の通り,天の北極方向にカメラを向けました.

http://www.astroarts.jp/photo-gallery/gallery.pl/special/123
 ↑他の方も 「本物」 は暗い流星が多いようです.
 (別の群 or 散在流星の写真もあるように思います)

 あ,これも,「先方から飛んできてくれないと」 の写真でしたw

飛んでくる件:社員H

ファイル 90-1.jpgファイル 90-2.jpgファイル 90-3.jpgファイル 90-4.jpgファイル 90-5.jpg

 写真クリックで拡大です. ここへは 「戻る」 ボタンで戻ってください.

 先方が会社の敷地内に飛んできてくれるから写真が撮れる件.

 1~4枚目は蝶ですが,向き合って口を伸ばしたりしていました.
 求愛? ・・・なのでしょうか. 謎です.

 5枚目は招かれざるやつら.2007年の7月と9月にも蜂の写真をUPしましたが,今見ると両者は違うようで,今回のは2007年7月と同じようです.
 駆除を考えなければいけません・・・.